♦ 認定医・専門医・指導医の概要

日本有病者歯科医療学会認定医・専門医・指導医の概要

名称:
日本有病者歯科医療認定医・専門医・指導医
意義:
高齢化が進行する今後の人口動態を考えると、現在の体制では有病者歯科医療に対応することは困難である。学会認定医制度は、「歯科医学と医学との協調のもとに基礎疾患を有する患者の歯科医療を安全に、そして安心して行える全身管理を主体とした医療の促進」という学会設立趣旨のもと、より高度な有病者歯科医療を行う医療従事者を育成することをその意義とする。
申請条件(平成30年9月末日までの暫定期間)
  • 【認定医】暫定認定医制度規則(第1条)
    第1条 認定医制度規則第30条に定めた暫定期間(以下「暫定期間」という)において、認定医の
        認定を受ける者は、次の(1)~(3)のすべてを満たす者あるいは(4)に該当し、(1)~(3)は
        認定委員会が審査後、学会認定医資格申請を認める。
       (1) 日本国歯科医師の免許を有する者
       (2) 継続して3年以上の学会正会員歴および有病者に必要とされる歯科医療に関する研修を
         有する者
       (3) (一社)日本有病者歯科医療学会総会・学術大会での参加および学会発表者(共同発表
         者も可)
       (4) (1)~(3)以外で認定委員会が学会認定医として理事会に推薦し、理事会が認定した者
  • 【専門医】暫定認定医制度規則(第4条)
    第4条 暫定期間において、専門医の認定を受ける者は、認定医の資格を有する者であり、次の各号
        に該当し、(1)および(2)は認定委員会が審査後、学会専門医資格申請を認める。なお、認定
        委員会が認める者については、認定医と専門医を同時申請することができる。
       (1) 大学病院等で有病者歯科学に関連する診療を担当する診療科、または診療部内の長であ
         る者、あるいはそれに準ずる者、これと同等以上の経験を有すると思われる者で、継続し
         て3年以上の学会正会員歴を持つ者
       (2) 継続して5年以上の学会正会員歴を持つ者で、学会雑誌あるいは関連学会雑誌に有病者に
         必要とされる歯科医療に関連する論文発表の経験を有する者
       (3) (1)、(2)以外で認定委員会が学会専門医として理事会に推薦し、理事会が認定した者

  • 【指導医】暫定認定医制度規則(第7条)
    第7条 暫定期間において、指導医の認定を受ける者は、専門医の資格を有する者であり、次の各号
        に該当し、(1)および(2)は認定委員会が審査後、学会指導医資格申請を認める。なお、認定
        委員会が認める者については、認定医と専門医・指導医を同時申請することができる。
       (1) 大学病院等で有病者歯科学に関連する診療を担当する診療科、または診療部内の長であ
         る者、あるいはそれに準ずる者、これと同等以上の経験を有すると思われる者で、継続し
         て5年以上の学会正会員歴を持つ者
       (2) 継続して10年以上の学会正会員歴を持つ者で、学会雑誌あるいは関連学会雑誌に有病者
         に必要とされる歯科医療に関連する論文発表の経験を有する者
       (3) (1)、(2)以外で認定委員会が学会指導医として理事会に推薦し、理事会が認定した者

♦ 認定医・専門医・指導医 申請について

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
会員各位

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
理事長 今井 裕
専門・認定委員会委員長 大木 秀郎

日本有病者歯科医療学会認定医制度 認定医申請についてご案内を申し上げます。
本学会会員の先生方を対象に認定医申請を下記の通り、受付けます。学会ホームページの暫定期間認定医申請要項(暫定認定制度規則 第1条~第3条)をご照覧のうえ、ご申請くださいますようお願い申し上げます。

また、暫定認定医制度規則第4条、第7条に基づき、認定医に併せて専門医・指導医の申請も受け付けます。
該当する先生におかれましては、暫定期間認定医申請要項(暫定認定医制度規則 第4条~第6条・第12条【専門医】、第7条~第9条・第12条【指導医】)をご照覧のうえ、ご申請ください。

なお、審査に関する具体的な日程につきましては、申請書類の審査後、認定試験を平成29年2月に実施する予定です。申請される先生におかれましては、今後の日程にご留意ください。

  • ※暫定認定医は3年以上、暫定専門医は5年以上、暫定指導医は10年以上の会員歴が対象となります。
  • ※認定医を申請される先生のうち、所属機関に本学会の指導医が在籍されていない場合は、該当する地区の指導医2名に直接連絡し、提出書類の「研修証明書」の指導医氏名欄に署名・捺印していただくことになります。各地区の指導医はこちらをご参照ください。
  • ※認定医の資格を持っている先生を除き、専門医のみの申請をすることはできません。(認定医との同時申請は可能です)。また専門医の資格を持っている先生を除き、指導医のみの申請をすることはできません。(専門医との同時申請は可能です)

申請書送付先 下記事務局宛に郵送でお送り下さい。
提出期限 平成28年11月30日(水)必着
銀行名 三井住友銀行 飯田橋支店
口座名 日本有病者歯科医療学会
口座番号 (普通)5209226
申請料
認定医 10,000円
専門医 10,000円
指導医 10,000円
認定医+専門医(同時受験) 10,000円
認定医+専門医+指導医(同時受験) 10,000円
一般社団法人 日本有病者歯科医療学会事務局
〒115–0055 東京都北区赤羽西6–31–5 ㈱学術社内
TEL:03–5924–3621 FAX:03–5924–4388
E–mail:yubyousha@jjmcp.jp

♦ 認定研修歯科診療施設 申請について

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
会員各位

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
理事長 今井 裕
専門・認定委員会委員長 大木 秀郎

日本有病者歯科医療学会認定医制度 認定研修歯科診療施設の申請についてご案内を申し上げます。

本学会の指導医の先生方に、認定研修歯科診療施設の申請受け付けのご案内を申し上げます。つきましては、認定医、専門医ならびに指導医制度規則(第11条~第17条)および認定医、専門医ならびに指導医制度規則施行細則(第5条、第9条、第10条)をご照覧のうえ、ご申請ください。

なお、認定研修歯科診療施設は本学会の指導医が継続的に勤務していることが条件となりますので、ご注意ください。

申請書送付先 下記事務局宛に郵送でお送り下さい。
提出期限 平成28年11月30日(水)必着
銀行名 三井住友銀行 飯田橋支店
口座名 日本有病者歯科医療学会
口座番号 (普通)5209226
申請料 10,000円
一般社団法人 日本有病者歯科医療学会事務局
〒115–0055 東京都北区赤羽西6–31–5 ㈱学術社内
TEL:03–5924–3621 FAX:03–5924–4388
E–mail:yubyousha@jjmcp.jp

♦ 認定医・専門医および指導医 資格更新申請について

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
認定資格取得者 各位

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
理事長 今井 裕
専門・認定委員会委員長 大木 秀郎

日本有病者歯科医療学会認定医制度 資格更新申請についてご案内を申し上げます。
日本有病者歯科医療学会認定医、専門医ならびに指導医制度規則第9条により、認定医、専門医および指導医は5年ごとに資格の更新を行うことが義務付けられております。

該当する先生におかれましては、認定医制度規則第18条~第22条および認定医制度施行細則第11条~第15条・第17条・第18条をご照覧のうえ、ご申請ください。

※平成26年度以前に認定医を取得された方は、自動的に専門医資格を取得されたこととなります。現在、認定医と指導医資格をお持ちの方は、専門医+指導医の更新審査料40,000円が該当となります。なお、現在65歳以上の方は指導医のみの更新希望が出来ますことを申し伝えさせていただきます。 ※専門医移行されますと認定医資格も更新されたこととなりますが、認定医証は希望者のみに発行しております。ご希望の際は、更新申請書にその旨をお示しください。

申請書送付先 下記事務局宛に郵送でお送り下さい。
提出期限 平成29年1月20日(金)必着
銀行名 三井住友銀行 飯田橋支店
口座名 日本有病者歯科医療学会
口座番号 (普通)5209226
申請料
(平成26年度以前取得の)認定医 専門医の更新:30,000円
(平成26年度以前取得の)指導医 専門医+指導医の更新:40,000円
指導医のみ更新(65歳以上対象):10,000円
・(現)認定医取得者については、自動的に(新)専門医に切り替わる。証書は更新時に発行する。
・(新)専門医は(新)認定医を包含するので、(現)認定医から(新)専門医に更新すれば(新)認定医を更新したこととなる。その場合、(新)認定医証は希望者のみに発行する。
一般社団法人 日本有病者歯科医療学会事務局
〒115–0055 東京都北区赤羽西6–31–5 ㈱学術社内
TEL:03–5924–3621 FAX:03–5924–4388
E–mail:yubyousha@jjmcp.jp

♦ 認定研修歯科診療施設 更新申請について

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
認定研修歯科診療施設 代表者 各位

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
理事長 今井 裕
専門・認定委員会委員長 大木 秀郎

日本有病者歯科医療学会認定医制度 認定研修歯科診療施設の更新申請についてご案内を申し上げます。

日本有病者歯科医療学会認定医、専門医ならびに指導医制度規則第9章により、認定研修歯科診療施設(以下「研修施設」とする)は5年ごとに資格の更新を行うことが義務付けられております。

該当する施設におかれましては、認定医制度規則第18条~第22条および認定医制度施行細則第16条~第18条をご照覧のうえ、ご申請ください。

※施行細則第16条により、規則第11条1号に該当する施設(有病者歯科またはそれに相当する診療部門のある歯科医師育成を担っている大学病院)については【様式-施更1】、【様式-施更2】のみを提出する。規則第11条2号に該当し、細則第5条を満たす施設についてはすべての申請書類を提出する。

申請書送付先 下記事務局宛に郵送でお送り下さい。
提出期限 平成29年1月20日(金)必着
銀行名 三井住友銀行 飯田橋支店
口座名 日本有病者歯科医療学会
口座番号 (普通)5209226
申請料 10,000円
一般社団法人 日本有病者歯科医療学会事務局
〒115–0055 東京都北区赤羽西6–31–5 ㈱学術社内
TEL:03–5924–3621 FAX:03–5924–4388
E–mail:yubyousha@jjmcp.jp

♦ 認定医制度 資格更新保留申請のご案内

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
会員各位

一般社団法人 日本有病者歯科医療学会
理事長 今井 裕
専門・認定委員会委員長 大木 秀郎

本年3月の社員総会にて、日本有病者歯科医療学会認定医制度細則第19条が改訂され、資格更新申請者あるいは資格更新研修施設が、所定の期間内に必要な要件を満たせなかったときには、認定委員会へ資格更新保留申請書を提出し、1年を限度とし延長できることとなりましたので、会員諸氏にご案内申し上げます。

以上、不明の点があれば下記にお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ先】
一般社団法人 日本有病者歯科医療学会事務局
〒115–0055 東京都北区赤羽西6–31–5 ㈱学術社内
TEL:03–5924–3621 FAX:03–5924–4388
E–mail:yubyousha@jjmcp.jp
無料カウンター